フロントエンドで困ったらコーディング代行へ

ホームページ制作はHTMLとCSSだけで完成するというわけではありません。フロントエンドのシステムが絡んでくることがあります。たとえばホームページに「いいね」機能をつけたいと思ったときは値を保存しておくためにバックエンドのシステムが必要になってくるでしょう。データベースを用意してそこに値を保存していくのです。

「いいね」が押されたらその値をインクリメントするような仕組みが必要になってきます。色々と方法はあると思いますが、ajaxで実装するというのがひとつの選択肢としてあります。javascriptでサーバー側に問い合わせをして、OKという通知が飛んできたらHTML側の「いいね」の数値を書き換えることができるというものです。

javascriptでは、こういったことができます。これだけの機能を追加するだけで静的なページに動きが出てきます。もちろんこの機能を実際に使うにはたとえばPHPなどで使ってリクエストがあった場合それに対してどうするかという処理を入れなければいれません。「いいね」が正常にできたらこのメッセージを返す、正常にできなければこのエラーメッセージを返すというようなことをします。

このようなことが分からないと言う方には特に、フロントエンドの問題はコーディング代行の業者に頼むことをおすすめします。きちんと相談すれば、このようなこともコーディング代行の業者が対応してくれるでしょう。